テクノポップはテクノカットで聴け!

テクノポップについてのブログです。 なんか勢いでタイトルつけちゃいましたが、別にテクノカットでなくてもいいので読んでみてくださいね。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。
 気が向いたらでいいので
応援クリックお願いします^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村ランキング


topへ戻る
これも名曲ですよね。間違いなく。




この曲を知った当時(残念ながらリアルタイムではありませんでした)

は、なんかスゴイ曲だなあと思って聴いていたのですが、

改めてウィキペディアで調べてみると、

坂本龍一が細野晴臣から「ジョン・ケージの“プリペアド・ピアノ”みたいなミニマルな曲を」という発注に応えて作った。現代音楽のミニマル・ミュージック的な手法を用いつつ、ポップミュージックとして成立している。

だそうです。

歌詞というかセリフというか、の方に耳がいってしまい、

(特に「腕を胸の前にあげて痙攣の運動!」ってとこあたりとか)

不覚ながらもジョン・ケージを感じることはできていませんでした。




では、改めて、ジョン・ケージを意識しながら聴いてみましょう。


体操(動画)




改めて観てみると、

かなりヤバいですね、これ。

はい、みなさんも、

「腕を胸の前にあげて痙攣の運動!」





ブログランキングに参加しています。
 気が向いたらでいいので
応援クリックお願いします^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村ランキング


topへ戻る
スポンサーサイト
テーマ:テクノ・エレクトロニカ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。